柴田 和季

2015年11月12日

 

今どきの集客法

 

koffice柴田 アップ

 

今どきの集客では「リスティング広告」と「SNS」を使った方法がよく見られます。

 

「リスティング広告」は、今では、ほとんど「PPC広告」と同じ意味で使われていて、GoogleやYahoo!などの検索エンジンに広告を出す方法です。

 

スマートフォン向けと通常のパソコン向けとを分けて広告を出し、クリック数に応じてお金を払うシステムです。広告をクリックした人は、基本的に広告に興味を持った人なので、あなたのサイトに合ったお客さんを連れてきてくれます。

 

また、「SNS」を使った方法は、Facebookなど、そのSNS内の利用者から得た統計情報を使って、「リスティング広告」のような広告を出すというものです。

 

2つの広告の共通点は、まったく興味のない人へ広告を出す確率を下げられるということと、クリックに応じて広告費が決まるという事です。広告にどれだけの費用を使うかは、先に決めておけるので、広告費を使いすぎてしまうということはありません。なので、低価格や予算に応じた広告を手軽に始めらます。

 

ただ最近は、1クリックに対して支払う費用が高くなって、さらに反応率が落ちてきています。なので、しっかりと費用対効果のある運用を心掛けてください。

 

 

 

東京・名古屋コンサルティング会社を経て独立しました

 

 

現在は専門家紹介ネットポータルサイトを運営しています。50名以上の専門家(各士業やコンサルタント)の方々とパートナーシップを組み、中小零細企業・個人事業所の経営・IT分野のコンサルティング業務をしています。

 

また、年間50を超えるイベントセミナーの企画、運営をしたり、大手コンサルティング会社の元役員の方々と、70名の経営者・起業家・ビジネスパーソンが集う異業種ビジネスコミュニティNBNも主催しています。

 

あと、iPadをビジネスに活用する講座の講師としても活動しています。

 

 

K office 代表 柴田 和季