ブルーオーシャンの見つけ方

Pocket

ブルーオーシャン

平野貴之 アップ

From 平野 貴之 (ひらの たかゆき)

 

 

でも、楽に売上や利益が上がるようなビジネスモデルがあれば、
それを実行したいはずです。

 

そこで、競合他社のいない環境の事を「ブルーオーシャン」言います。

 

つまり、「ブルーオーシャン」を見つければ、
楽に集客
できて、売上や利益が上がることになります。

 

 

でも、通常で言えば、、、

 

「楽に売上や利益が上がるということ」は、
「他社も同様に楽に売上や利益が上げることが出来る環境だ」
ということです。

 

あっという間に、競合他社が増えて、
売上や利益があがらな
くなるのです。

逆に、皆が売上や利益が上げにくいという分野は、
自社も他社も
やりたがりません。

 

でも、それが、参入障壁と言うものにもなります。
つまり、厳しい
分野の方が参入障壁が高いので
競合他社が少なくても済みます。

 

しかし、そんな分野でも、自社の強みを活かせる分野であれば、
あとは、しっかり経営をすれば、長期的な視野では、
売上や利益が
上がりやすいということになるのです。

 

つまり、自社の強みを見極めて、
他社がまねが出来ない分野で
あれば、
なかなか真似はできないということなのです。

 

流行だからとか、儲かりそうだからと言う視点では、
なかなか
圧倒的なブルーオーシャンは見つけられません。

 

でも、しっかりと分析(自社の分析、お客様の分析)をし、
長期的な視点で、取り組むことが出来れば、
ブルーオーシャンを見つけることができるはずなのです。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です