顧客の心にしっかり伝えるポイント

Pocket

伝える

大久保久明 アップ

From 大久保 久明 (おおくぼ ひさあき)

 

 

ーゲットとする顧客への「言葉の伝え方」って、大切ですよね。

 

今では一般的な言葉となりましたが、「コンシェルジュ」という言葉。

 

元々は、「ホテルの世話係」を指していたそうですが、
今では色々な場面での
「総合的な世話係・相談員」
の意味で使われることが多いようです。

 

私も「コンシェルジュ」って言葉を初めて聞いたとき、
「どういう意味だろう・・?」と調べました。

 

業界や専門家の間では、
普段から当たり前に使われている言葉でも、
そうではない人たちからすれば、
「??」意味がわからず、
結果、「何を言いたいのか」伝わらない訳です。

 

このあたり、
案外気づかないケースも多く、
注意しなければならないことかと思います。

 

 

私はコンピュータ業界が長かったのですが、、、

 

システムエンジニアの一部の人には専門用語を駆使して
顧客へ説明している人がいました。

 

システムエンジニア本人は、
そのことにまったく気づいておらず、
ごく普通に話す訳ですからやっかいな話しです。

 

顧客に商品やサービスの価値を知ってもらいたい
特に、ターゲットとする顧客へ「ベネフィットを伝える」とき、
「相手にわかりやすい言葉で伝える」ことを強く意識する必要があります。

 

顧客にベネフィットが伝わらなければ、
提供する商品やサービスに対し、
興味を持っていただけません。

 

ポイントとなる言葉は、
「よりわかりやすく」慎重に選ぶことが大切です。

 

物事は相手に伝わってから、
初めて次のステップへ進む訳ですから・・・。

 

P.S.
ベネフィットとは、あなたの商品やサービスを利用したお客さんが『得る利益』の事です。
例えば、「このカラートリートメントは、若返った印象を与えます」ではなくて、
「このカラートリートメントは、同窓会で片想いをしていた彼に『キレイになったね』と言われたい人専用です」がベネフィットです。

違いが分かりますか?

(補足:鈴木 基)

 

地域に密着した店舗や事業所一つひとつに合わせた “正しい行列の作り方”


出費・チラシや各種広告、Webサイトやスマホサイトの制作に、お金を費やしたりしていませんか?

・ライバルたちが用いる販売戦術に対して、張り合ったりまねたりしていませんか?

しそれで上手くいっていないなら、地域密着ビジネスの“独占行列”を作り出すことに特化した『勝利の方程式』を試してみて下さい。
『勝利の方程式』は、表面を改善するような小手先のテクニックではなく、集客を根底から改善するものです。

だからもう、情報が多すぎて、何をしたらいいかわからず悩んだり、流行りの集客法や新しい集客媒体に惑わされて、時間とお金を無駄に使ったりすることはありません。
なぜなら、『勝利の方程式』の解は、あなたの中にあるからです。

あなたがやることは、その『勝利の方程式』の解を自分のビジネスにシンプルに組み込むことだけです。
これでもうあなたは、二度と集客に悩むことはなくなるでしょう。

 もしあなたがこの『勝利の方程式』を使った集客術に興味をもってくれたなら、無料動画: 『勝利の方程式』~熱狂市場を生み出す4つの秘訣~ を見てみてください。
動画の中では、証明された4つの秘訣やお得な情報、無料レポート『口コミ・紹介・チラシ・Web・スマホを連動させて、優良顧客を引き寄せ続ける集客戦略』を手に入れる方法をお伝えしています。


 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です