さい銭泥棒とビジネス

Pocket

ビジネス

鈴木基 アップ

From 鈴木 基 (すずき もとい)

 

 

ジで?

ちょっと目を疑った、でも、ほんとだった。。。

お寺のさい銭30円をくすねた男性が起訴された。何がすごいって、起訴だよ起訴。子供がその辺で拾うくらいの金額なのに起訴。ほんと、ありえん。

普通30円くらいの少額窃盗の場合は、起訴猶予や略式起訴で罰金刑がほとんど。なのに公判請求だからね~。ほんと、びっくり。

この起訴された男性は、お地蔵さんの足元に合ったプラスティックの洗面器(さい銭箱)から30円をくすねた疑いがもたれている。。。

 

なぜ、起訴されたのか?

 

こんな少額なのに起訴されたのには、しっかりとした理由があるんだけど、分かるかな? ちょっと考えてみて。

 

・・・

 

・・・・・・

 

・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

実はこの根本にあるのは、ビジネスをしている僕たちが、つい見落としてしまうことなんだ。例えば、「先月よりも売り上げがちょっと減りました。だから来月がんばります」なんて、よく聞くけど、これはまずい。。。 もし先月の売り上げがだいぶ凹んでたら、その原因を探そうとするじゃない? 見た目に分かるくらいだったら。そうなりたくはないけど(笑)。

 

人間って目に見えないものは、なるべくそっとそっとしておきたくなる癖がある。ちょっとだけだから、来月のがんばりで何とかなるって思ってるんだけど、何をがんばるのさ? その『ちょっと』の原因を発見すれば、何をどうしたら売り上げが戻るかわかるし、身体も心も楽じゃない?

 

でも、人間には怠け癖があるから、頭でわかってたとしてもやらない。でも、もし次の月もちょっとだけ売り上げが減ったら、どうするんだろうね? それが6か月間続いたら、さすがに考えだすよね。

 

他に余罪はないか?

 

実は30円を盗んだ疑いの男性は、他に余罪がないか? という理由で起訴された。要するに、30円という金額だけを見てるんじゃなくて、その奥にある真実を見付けようとしてるってわけ。

 

これって、聞くと当たり前のように感じるけど、実際は耳の痛い話だよね。でも、確かに「まあ、こんな感じ」でビジネスをやっていると、小さな問題が積み重なって、いつか大きな問題になることがほとんどだからね。

 

だから、もしあなたが『ちょっと』の原因を発見するために考える事が好きでなかったり、苦手だったりするなら、それをしてくれる人を雇わないといけないよ。なぜなら、ビジネスが成長し続けるためには、原因の発見と改善をしていかないといけないからね。問題が小さいうちに改善していけば、コストもかからないし、何より心の安心につながるからね。

 

あなたのビジネスには、余罪はないだろうか?

 

家族を想い頑張るあなたの集客力向上のために 鈴木 基

 

 

商品やサービスを効果的に売り出すためのアイデアを紹介しています


旅事にこだわりを持ち、商品やサービスをもっと効果的に売り出したいと考えている、優れた事業所のためのアイデアを紹介します。

なので、策をめぐらせたい人、さっと売り抜けたい人、無防備な消費者相手に一儲けしたい人向けの内容ではありません。

  1. あなたは自分の商品やサービスが、人々の役に立つものだと自信を持っている。

  2. その商品やサービスに情熱を抱き、世の中にとって価値があると信じている。

  3. 自分の仕事を愛し、顧客を思いやり、その仕事を長く続けたいと思っている。
     
     

この3つに対してYESと答えられるのなら、お客さんを集めることに奔走しなくてよくなり、
強豪との安売り合戦に巻き込まれることもなく、さらに売り込まなくても、
自然に売れて利益が出るシステムを作り出す旅に一緒に出かけましょう。

まずは無料動画ゼミ >>>  『勝利の方程式』~熱狂市場を生み出す4つの秘訣~  をご覧ください。


 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です