ビジネスの成長に最低限必要な考え方

Pocket

成長に最低限必要

鈴木基 アップ

From 鈴木 基 (すずき もとい)

 

 

職も楽しかったよ。
自分でマーケティングして、
生徒の行列を作っていたからね。

息子に「パパが夜いなくて寂しい」と言われるまで、
辞める気なかったしね。

 

生徒はいい子たちばかりでやりやすかったし、
愛知の家庭教師が設定している基本額の
2倍くらいの時給をもらってたしね。

もちろん、月謝が払われないなんて事はなかったし、
遅れることもなかったよ。

 

これはちゃんとしたメッセージを
絞ったお客さんに届けていたからだと思う。

宣伝もせず、売り込みもしないで、
お客さんが集まってきてたし、
最長で11年間、教えた子もいたしね。

 

この前職時代に、
僕がやっていた集客などの技術を体系化したのが、
『勝利の方程式』ってわけ。

あ~、そういえば、2月11日(祝)に、
『勝利の方程式』の基礎セミナーを開催するよ。

参加費は1,000円なのにガッツリ2時間だからね。
内容もきっと聞いて損はないはず。

実費だけど懇親会もあるよ。

詳しくはhttps://www.facebook.com/events/749741701823382/を見てね。

 

だいぶわざとらしい宣伝はこれくらいにして(笑)。

 

子供たちに勉強を教えていてたまたま見つけたんだけど、
つまずきの原因を取り除くと、
子供たちの成績が一気に伸びる。

これはビジネスでも同じで、
ちゃんとした具体的なつまずきの原因を見付けて、
それを取り除けば、一気にビジネスが成長するんだよね。

全てのお店でそうならないかもしれないけど、
僕のクライアントさんたちはそうだったよ。

 

 

で、つまずきの原因なんだけど、、、

 

僕がクライアントさんと話すと、
だいたいが「集客」「売上」みたいな答えが多いかな。

ま、良くて「新規集客」とか「リピート率」って感じ。

 

でも、この答えって、とても漠然としてるのが分かる? 

「連立方程式の文章題が分かりません」って言ってるのとほとんど同じだよね。

だって、連立方程式の文章題が分からないのは、
連立方程式の計算の仕方が分からないのかもしれないし、
文章を式にできないのかもしれないよね。

ま、前者は計算をやり直すしかないけど。(笑)

 

で、文章を式にできないのにもいろんな理由がある。

例えば、文章が何を言っているのかイメージできてないのかもしれないし、
+-×÷の感覚的な意味を知らないからかもしれない。

前者なら国語の勉強や文章を絵にする練習をしないといけないし、
後者なら簡単な文章題でそれらの感覚的な意味をつかむ練習をしてもらわないといないよね。

 

そして、このつまずきの核の部分を見付けない事には、
成績は伸びない。

もちろん、やり方や公式を教えて何度も解かせることで、
その場しのぎはできるけどね。

でも、それでは結局、根本的な問題解決にはなってないよね。

 

 

理科の点が取れないという理由で預かった生徒に

 

「理科は世の中で起きてることだから、
自然に考えておかしいことは答えにならないよ。
もしそうならその部分をめちゃくちゃ勉強して覚えているはずだから」と言っただけで、
3日後の模試の理科の偏差値が一気に5くらい伸びたからね。
その日しか教えてないのに(笑)

 

だから、もしあなたが「集客」に問題があると思っているなら、
その核を探さないといけないよ。

よくやっちゃう間違いは、
今はFacebookが熱いからとかスマホサイトが熱いぞとか感じて、
お金を使って、どんどんやることを増やしてしまうこと。

 

例えば、メッセージが弱ければ、
どんな媒体を増やしても、
短期的には集客数が増えるけど、
集客の根本的な改善にはならないよね。

この場合は、
媒体を増やすたびに良くてMAX、
1+1+1=3倍の集客が見込める。

 

でも逆に、メッセージを強くした後に、
いろんな媒体を増やしていけば、
集客数は一気に伸びるんだ。

例えば、メッセージ意を強くして
2倍のお客さんが来るようになってから、
媒体を3つ増やしたら、
集客数はあっという間に2+2+2=6倍になっちゃうのさ。
(ま、そんな単純じゃないけどね)

 

集客数は3倍と6倍で2倍分しか違わないけど、
経営者のあなたならこれがどれくらいのインパクトがあるかわかるはず。
こんな感じで、改善の順番を間違えると大変なことになるんだよ。

 

ただ、厄介なのは、上の例の通り、
媒体を増やしたら少しは改善するってとこ。

さっき勉強のとこで言ったけど、
やり方の丸暗記をすれば、
その場しのぎできちゃうのと同じでね。

これが何度も続くと、その方が楽だし、
そんなもんと思ってしまうんだな、人間って。。。

 

 

で、最後にあなたに質問

 

やる事と使うお金を増やして、その場しのぎするか、
つまずきの核を見つけるために向き合って考えるか。

 

あなたはどっちを選ぶ? って答えは簡単だよね。(笑)

 

家族を想い頑張るあなたの集客力向上のために 鈴木 基

 

 

『勝利の方程式』:心理トリガーを使った集客術は・・・


脳科学 心理科学⇒心理トリガーは人間の根底にある心理なので、この先、変わることはほぼないと言っていいでしょう。

さらに新しい集客トレンドなどにすぐに活用できるので、あなたはずっと集客し続けることができるようになり、集客への不安はなくなるでしょう。

⇒このシンプルな集客術は、全世界の脳科学者や心理科学者が研究の中で発見した理論の中で、特に集客に利用できるものを集めて生み出された『科学的に実証済みの集客術』です。

この集客術を使うと、あなたの商品やサービスを購入しようとお客さんが列を作り、もうあなた以外の競合は目にも入らなくなってしまう『熱狂市場』を構築できます。

⇒特別な準備もお金も必要ないこの集客術は、アメリカではもう20年以上も前から実践されていて、田舎のつぶれかけの一軒紳士服店が、全米で一番の紳士服店と呼ばれるようになるなど、取り入れたほとんどすべての事業所を成功へと導いています。

しあなたがこの『勝利の方程式』を使った集客術に興味をもってくれたなら、無料動画: 『勝利の方程式』~熱狂市場を生み出す4つの秘訣~を見てみてください。

動画の中では、証明された4つの秘訣やお得な情報、無料レポート『口コミ・紹介・チラシ・Web・スマホを連動させて、優良顧客を引き寄せ続ける集客戦略』を手に入れる方法をお伝えしています!


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です