ビジネス発想力:わざと尖ってみる

Pocket

尖る

平野貴之 アップ

From 平野 貴之(ひらの たかゆき)

 

 

 【お知らせ】


1月26日(火)21:00~ MID FM「大人のハレル夜」に、『勝利の方程式』が出演します!^^ 

PCでもスマホでも聴けるので、ぜひ、 http://midfm761.com/downloadpage.html からアプリをダウンロードしてお聞きください。

また、PCで「東海」エリアからなら、「MID-FM」の「放送を聴く」をクリックすると、すぐにMID-FMの放送を聞くことが出来ます! 

では、1月26日(火)21:00~ MID FM「大人のハレル夜」でお会いしましょう。^^v

聴いてくれた方へのプレゼントも考えています!


 

 

ビジネスをしていると、その業界やその会社内での経験がながけれが長いほど、

成功体験も多いので、ミスなどをしなくても良くなってきます。

 

でも、ミスをしないということは、見方を変えると、新しいチャレンジを

していないという面もあります。

 

大きな失敗はないけれど、大きな成功もない状態とも言えます。

新しいアイデアも新規事業も発見できない状態です。

 

ビジネスは人間関係をより良くしたほうが良いので、トゲトゲシイのは

良くないですが、時には「わざと尖った」ことをしてみるのも良いのです。

 

 

「尖ったこと」と言っても、、、

 

ケースによって、様々なことがあります。

 

例えば、「わざと常識の逆を考えてみる」とか「わざと失敗しそうな選択肢を選んでみる」とか

いろいろ考えることが出来るはずです。

 

「いやいや、そんなことをしてはいけない」と思うかもしれませんが、

敢えてそのようなことを考えてみる(実際にしてみる)のです。

 

意外にその先に、次の成長の種が眠っているかもしれないのですから。

 

 

商品やサービスを効果的に売り出すためのアイデアを紹介しています


旅仕事にこだわりを持ち、商品やサービスをもっと効果的に売り出したいと考えている、優れた事業所のためのアイデアを紹介します。なので、策をめぐらせたい人、さっと売り抜けたい人、無防備な消費者相手に一儲けしたい人向けの内容ではありません。

  1. あなたは自分の商品やサービスが、人々の役に立つものだと自信を持っている。
  2. その商品やサービスに情熱を抱き、世の中にとって価値があると信じている。
  3. 自分の仕事を愛し、顧客を思いやり、その仕事を長く続けたいと思っている。

この3つに対してYESと答えられるのなら、お客さんを集めることに奔走しなくてよくなり、強豪との安売り合戦に巻き込まれることもなく、さらに売り込まなくても、自然に売れて利益が出るシステムを作り出す旅に一緒に出かけましょう。

まずは無料動画ゼミ >>>  『勝利の方程式』~熱狂市場を生み出す4つの秘訣~  をご覧ください。


 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です