データー「だけ」に囚われるな!

Pocket

data

平野貴之 アップ

From 平野 貴之(ひらの たかゆき)

 

 

ビジネスをしていくうえで、データーに基づいて経営判断をしたり、

マーケティングを考えたりすることは重要です。

しかし、データー「だけ」に囚われると、

逆に判断を間違えることもあります。

 

それは、「データーの取り方」や「データーの中のどの部分に注目するのか」

または「データーを見て判断を間違える」などによって大きく変わるからです。

 

 

データーの取り方が違えば判断も違います

 

例えば、想定しているお客様が「20歳の女性」であるのに、

「年代、性別関係ないデーター」をとったら、

経営判断は間違うかもしれません。

 

これは、データーの取り方に問題がある場合と、

そもそも、想定顧客が曖昧である場合があります。

 

 

データーのどの部分に注目するか?

 

例えば、「過去3年間のデーターで売上が伸びているから」と言う

データーの見方をしたら、

実は、「2年半までは伸びているが、直近では違う競合商品が

出て売上は伸びない」のかもしれません。

 

このように、都合の良い所だけをデーターでとってしまうと、

経営判断は間違います。

 

 

データー自体は悪くなくても間違った判断をしてしまう

 

例えば、「飲食業で原価率は30%以下が望ましいが、

うちは35%だから原価を低減させよう」と言うケース。

 

実は、「その原価率の高さが、競合他社より販売価格が高くても

お客様から支持された理由」であれば、原価が高いというデーターは

間違っていないですが、それをどのように捉えるかが間違ってしまうケースです。

 

このように、データー「だけ」を見ても、経営判断は間違うこともあります。

よって、データーが無いと困りますが、

データー「だけ」で判断してもダメなのですね。

つまりは、経営判断と言うのは、総合的判断が必要なのです。

 

商品やサービスを効果的に売り出すためのアイデアを紹介しています


旅仕事にこだわりを持ち、商品やサービスをもっと効果的に売り出したいと考えている、優れた事業所のためのアイデアを紹介します。なので、策をめぐらせたい人、さっと売り抜けたい人、無防備な消費者相手に一儲けしたい人向けの内容ではありません。

  1. あなたは自分の商品やサービスが、人々の役に立つものだと自信を持っている。
  2. その商品やサービスに情熱を抱き、世の中にとって価値があると信じている。
  3. 自分の仕事を愛し、顧客を思いやり、その仕事を長く続けたいと思っている。

この3つに対してYESと答えられるのなら、お客さんを集めることに奔走しなくてよくなり、強豪との安売り合戦に巻き込まれることもなく、さらに売り込まなくても、自然に売れて利益が出るシステムを作り出す旅に一緒に出かけましょう。

まずは無料動画ゼミ >>>  『勝利の方程式』~熱狂市場を生み出す4つの秘訣~  をご覧ください。


 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です