POPで売上UPするステップ

Pocket

pop

平野貴之 アップ

From 平野 貴之(ひらの たかゆき)

 

店舗系のビジネスで、
お客様の心を掴むPOPがあると
それだけで、売上UPに繋がりやすくなりますね。

 

でも、この「お客様の心を掴むPOP」と言う
部分がかなり難しいのです。

 

それは、「では、POPを書こう」とした時に、
初めはなかなか、POPの書き方も分かりません。

 

ですので、
まずは、「大企業のPOPを真似してみよう」
「成功しているお店の真似をしてみよう」と
なります。

 

POPの書き方を学ぶ上で、まずは真似から入ると
言うのは悪いことではありません。

 

でも、「POPの書き方を学ぶこと」と
「お客様の心を掴むPOPの書き方」とは
イコールではありません。

 

 

なぜか?

 

答えは簡単です。

 

お客様は、企業ごとに違うのに、
同じPOPでは、お客様の心を捉えないからです。

 

例えば、同じ時計店でも
高級ブランドを売るお店のPOPのキャッチコピーと
安さを売りにしているお店のPOPのキャッチコピーと
同じでは、心に響きません。

 

ここまで極端な例だと分かりやすいですが、
実際の現場では、
ちょっとした言葉使い(コピー)の違いによって、
心に響くかどうかは変わります。

 

イコール、売上が左右されるのです。

 

よって、POPの書き方の初歩の段階では、
大企業の事例や成功事例を学ぶことは重要です。

 

でも、その次の段階として、
自社の状況や自社のお客様の状況に
合わせたPOPにしていく必要が
あるということなのです。

 

 

商品やサービスを効果的に売り出すためのアイデアを紹介しています


旅仕事にこだわりを持ち、商品やサービスをもっと効果的に売り出したいと考えている、優れた事業所のためのアイデアを紹介します。なので、策をめぐらせたい人、さっと売り抜けたい人、無防備な消費者相手に一儲けしたい人向けの内容ではありません。

  1. あなたは自分の商品やサービスが、人々の役に立つものだと自信を持っている。
  2. その商品やサービスに情熱を抱き、世の中にとって価値があると信じている。
  3. 自分の仕事を愛し、顧客を思いやり、その仕事を長く続けたいと思っている。

この3つに対してYESと答えられるのなら、お客さんを集めることに奔走しなくてよくなり、強豪との安売り合戦に巻き込まれることもなく、さらに売り込まなくても、自然に売れて利益が出るシステムを作り出す旅に一緒に出かけましょう。

まずは無料動画ゼミ >>>  『勝利の方程式』~熱狂市場を生み出す4つの秘訣~  をご覧ください。


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です