プリンと説教と心理トリガー

Pocket

プリン

鈴木基 アップ

From 鈴木 基(すずき もとい)

 

 

冷蔵庫を開けると、そこにプリンがありました。しかし何か月か前、同じ状況でプリンを食べたら、妻に怒られたんです。「子供のやつだからダメ!」だって。

 

先週、息子が熱を出しました。ウチの子供が病気になると、妻のお母さんが助けに来てくれます。そして、必ず買い物をしてから帰っていきます。

 

でも今回は、来てくれたのと同時に息子の熱が下がり、元気でした。(笑)  それでいつものように、買い物をしていってくれました。そして・・・ 冷蔵庫の中を見ると、、大人用プリンが2つあるではないですか!(喜) 

 

 

明らかに僕と妻の分でした

 

その週は忙しかったので、今週、食べようと思っていました。しかし… 食べようと思った時にはもうなかったのです!(涙) これ、結構あるのですが、妻のお母さんがくれたものは私のものと妻は言うのです・・・(ジャイアニズム)

 

でも、今朝、冷蔵庫のプリン食べていいよ!と妻が言ってきました。子供のためのプッチンプリン、なぜ食べていいのか? それは・・・

 

賞味期限切れ・・・ 子供は食べたらダメだけど、大人は消費期限ではないから大丈夫!という理由でくれました・・・ 

 

 

理由を言われると人は承諾する

 

理由という心理トリガーの有名な実験があります。コピー機を使いたくて並んでいる人に、「コピーを先にとらせてください」というとOKは60%。次に「急いでいるので、コピーを先にとらせてください」というと、94%の人がOK。最後に「コピーをとらなければならないので、コピーを先にとらせてください」というと93%の人がOKしました。

 

ここで重要なのは、理由(~ので、)を言った方が承諾率が上がる・・・ ということではなくて、理由の質は何でも構わないという部分です。

 

なんじゃそりゃ? と思った人は、もう一度上の理由の部分だけ読んでみてください。

 

・・・・・・ 分かりましたか?

 

 

「急いでいるので、」は本当の理由です。でも、「コピーをとらなければならないので、」はちゃんとした理由になってませんよね? だって、そこに並んでいる人はみんな「コピーをとらなければならない」人たちです。(笑) でも人は、ちゃんとした理由ではなくても、もっともらしい理由に聞こえれば、承諾してしまうのです。

 

 

この心理トリガーを利用しよう

 

あなたの商品やサービスを作った理由や、その商品やサービスを購入すべき理由をちゃんとお客さんに伝えていますか? もし伝えていないのなら、すぐに始めてください。それだけでお客さんの承諾率が上がりますよ!^^v

 

 

家族を想い頑張るあなたの集客力向上のために 鈴木 基

 

 

P.S. もちろん、プリンはおいしくいただきました。(心理トリガー的承諾?(笑))

 

 

『勝利の方程式』:心理トリガーを使った集客術は・・・


脳科学 心理科学⇒心理トリガーは人間の根底にある心理なので、この先、変わることはほぼないと言っていいでしょう。さらに新しい集客トレンドなどにすぐに活用できるので、あなたはずっと集客し続けることができるようになり、集客への不安はなくなるでしょう。

⇒このシンプルな集客術は、全世界の脳科学者や心理科学者が研究の中で発見した理論の中で、特に集客に利用できるものを集めて生み出された『科学的に実証済みの集客術』です。この集客術を使うと、あなたの商品やサービスを購入しようとお客さんが列を作り、もうあなた以外の競合は目にも入らなくなってしまう『熱狂市場』を構築できます。

⇒特別な準備もお金も必要ないこの集客術は、アメリカではもう20年以上も前から実践されていて、田舎のつぶれかけの一軒紳士服店が、全米で一番の紳士服店と呼ばれるようになるなど、取り入れたほとんどすべての事業所を成功へと導いています。

もしあなたがこの『勝利の方程式』を使った集客術に興味をもってくれたなら、無料動画: 『勝利の方程式』~熱狂市場を生み出す4つの秘訣~を見てみてください。動画の中では、証明された4つの秘訣やお得な情報、無料レポート『口コミ・紹介・チラシ・Web・スマホを連動させて、優良顧客を引き寄せ続ける集客戦略』を手に入れる方法をお伝えしています!


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です