脳科学+メニュー表=売上アップ

Pocket

 

メニュー表

鈴木基 アップ

From 鈴木 基(すずき もとい)

 

あなたの事業所にはメニュー表はありますか? 実はメニュー表に脳科学を取り入れるだけで、売上をアップできちゃうんです! 今回は誰でも簡単にすぐにできてしまう秘密の方法を1つお伝えしますね。

 

 

これ本当に簡単なんですか?

 

と言われてしまうかもしれないのですが、用語から説明します。なぜなら用語の意味がわからないと全く理解できないからです。横文字が苦手な人は覚悟して読んでくださいね。(笑)

 

あなたは次の2つの言葉を聞いたことがありますか? 1つは「ボトムズアップ」で、もう1つは「シーリングダウン」です。わかった方は素晴らしいですね!^^ でも、ほとんどの人がわからないと思うので、しっかりと説明させてもらいますね。

 

 

「ボトムズアップ」って?

 

ボトムは日本語では「底」という意味で、アップは「上」ですね。なので、「ボトムズアップ」というのは、『底から上にあげる』という意味です。

 

低いものから順に紹介していくやり方です。メニュー表でいうと【価格の安い方から順番】に紹介するということです。

 

 

「シーリングダウン」って?

 

シーリングは日本語で「天井」のことで、ダウンは「下」ですね。だから「シーリングダウン」という言葉の意味は、『天井から下げる』です。

 

高いものから順番に紹介することですね。メニュー表でいうと【価格の高い方から順番】に紹介するということです。

 

 

結局、メニュー表に向いているのはどっち?

 

このことを証明するアメリカで行われた脳科学の実験があります。

 

それは、100人の被験者を50人ずつのAとBの2つのグループに分けて、商品を見せて説明した後、Aのグループの人たちには『安い価格』の数字から見せていき、Bのグループの人たちには、『高い価格』の数字から見せていくというものです。そしてこの値段なら購入してもいいと感じたら、「OK」と言ってもらうという実験でした。

 

その結果、『安い価格』の数字から見せられたAグループの人たちは、『高い価格』の数字から見せられたBグループの人たちと比べて、かなり『安い値段』で「OK」と言ったのです。

 

 

ということで、この実験結果を利用しましょう!

 

あなたの事業所のメニュー表は、安い順に上から書いてありませんか? もしそうなら反対に高い順にしてみてください。なぜなら人は、高い順に見せられた方が、安い順に見せられるよりも、【高い価格】で納得してくれるからです。

 

脳は価格を見ると痛みを感じる部位が活性化します。だから安い方から見ていくと脳は痛みを増やしていってしまいます。でも、高い方から見ていくと最初に受けた強い痛みが減っていき、どんどん痛みが和らいでいくのです。

 

メニュー表に載せる順番を高い商品からに変えてみる。たったこれだけで、グンと売上が増えるなら、やってみる価値は大ありですよね!^^v

 

家族を想い頑張るあなたの集客力向上のために 鈴木 基

 

 

【『勝利の方程式』:脳科学を使った集客術は・・・】


脳科学 心理科学⇒脳科学は、人間の無意識の領域(潜在意識)に働きかける方法なので、この先、変わることはほぼないと言っていいでしょう。だから新しい集客トレンドなどが現れてもすぐに対応できるので、あなたはずっと集客し続けることができ、集客への不安はなくなるでしょう。

⇒このシンプルな集客術は、全世界の脳科学者や心理科学者が研究の中で発見した理論の中で、特に集客に利用できるものを集めて生み出された『科学的に実証済みの集客術』です。この集客術を使うと、あなたの商品やサービスを購入しようとお客さんが列を作り、もうあなた以外の競合は目にも入らなくなってしまう『独立した市場』を構築できます。

⇒特別な準備もお金も必要ないこの集客術は、アメリカではもう20年以上も前から実践されていて、田舎のつぶれかけの一軒紳士服店が、全米で一番の紳士服店と呼ばれるようになるなど、取り入れたほとんどすべての事業所を成功へと導いています。

もしあなたがこの『勝利の方程式』を使った集客術に興味をもってくれたなら、無料動画:『 行列を作る科学的アプローチ 』を見てみてください。動画の中では、証明された4つの秘訣やお得な情報、無料レポート『口コミ・紹介・チラシ・Web・スマホを連動させて、優良顧客を引き寄せ続ける集客戦略』を手に入れる方法をお伝えしています!


 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です