利益が大切

Pocket

 

利益

大久保久明 アップ

 

 

 

 

 

from 大久保 久明(おおくぼ ひさあき)

 

 

社会人になって初めて配属された部署が・・・

 

ズバリ営業職でした。

 

当然ですが入社3ヶ月後、新入社員たちに対しても「営業目標金額」が課せられました。

 

就職した業界がコンピュータ業界(OA機器販売等)という、当時、まだ新しい業界だったためか、営業目標金額は一般的な売上目標ではなく、「粗利目標(売上-仕入)」だったのです。

 

就職先がコンピュータ専門商社のため、仕入金額は比較的明確になっており、粗利金額が算出しやすい環境ではありました。

 

他業界では、まだ高度成長時代のなごりもあって、売上目標を掲げていた企業が多かったような気がします。

 

 

「売上が増えれば、自ずと粗利は増える」

 

という発想で、当時、友人たちの勤める企業の大半が売上目標でした。

 

そんな中、自分が就職した企業は、最初から営業の粗利目標金額が重視され、営業成績に反映されていたのです。

 

今思うと、「粗利金額をいかに増やしていくか」を常に考えるビジネス活動を続けたおかげで、仕入先との価格交渉スキルなどが仕事を通じて身に付き、結果、自分にとっては大きな財産となりました。

 

やはり、ビジネスにとって「利益が大切」という考えは、今でもまったくぶれていません。当たり前ですが、利益がビジネス活動の原資となる訳ですから、少しでも増やしていくことを考えないといけません。

 

また、利益が安定化しないと、ビジネスを続けること自体が困難になります。このあたりについて、ビジネス活動を続けていくために、もう一度しっかり認識したいものです。

 

 

 


集客(パズル)「広告費をたくさん使えないから人を集められない・・・」

「立地条件が悪いから人が集まらない・・・」

ずっと仕方ないことだろうなと思っていました。

でも、そんな集客に困っていた私の事業所が、ある方法をこっそり取り入れてから、1か月半で過去最多の人数を集客できたんです!

もしあなたが、1つですべての集客メディアで使える、時間とお金を節約できる集客の秘訣、小手先のテクニックですぐに使えなくなるようなトレンドものではない、科学的な根拠のある集客の秘訣に興味があるなら、ぜひ、動画:行列を作る科学的アプローチをクリックして、今すぐこの動画を見てください。

あなたの事業所の集客数をアップするシンプルな4つの方法を公開しています。公開中止になる前に動画:行列を作る科学的アプローチをクリックして動画を見てください。(公開中止の理由は動画の中でお伝えしています)


 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です